国内から海外まで旅行好き@いしぶろぐ

旅好きのブログ。日常やら、身近な情報やら、旅先情報やら、いろいろアップしていきます。

【台湾】感動!KANO1931海の向こうの甲子園

甲子園といえば、高校球児たちが野球で全国一の高校を決める場所として有名だ。春と夏の甲子園があり、皆が甲子園出場をめざし、日々切磋琢磨しあっている。

甲子園では、さまざまなドラマが繰り広げられ、時にそれは人々の感動を呼ぶ。

そんな甲子園だが、戦前にもあったというのはご存じだろうか?

今の高等学校にあたる全国の中等学校などの野球児が、今と同じ甲子園という舞台で熱いドラマを繰り広げていたのである。

そんな中、当時、日本統治下にあった台湾の嘉義農林学校(現在の国立嘉義大学の前身)が甲子園で熱い闘いを繰り広げるのである。

f:id:sato4reiji:20150922215909j:image

嘉義農林学校、通称かのう野球部は、対外試合にまだ一勝もしていない弱小校であった。そこに、強豪校、愛媛県松山商業の近藤監督が赴任し、甲子園出場を目指す。当初は、あまりのスパルタっぷりに選手たちも反感するが、徐々に実力がついていくにつれ、選手や監督の絆が深まっていく。

この映画の非常に感動するところは、日本人、台湾人、台湾の少数民族の生徒たちが甲子園という一つの目標に向かって、切磋琢磨し、協力し合うところだ。しかも、これが実話というのが本当にすごい。

この映画は、野球だけでなく、当時の台湾の様子なども忠実に描いている。台湾でも、日本語が溢れていたり、台湾人同士、少数民族同士はその言葉で話したりしている。

また、球児役も、実際に野球経験がある人たちから選んでいるため、野球をプレーしているシーンも何も違和感がない。

この台湾映画は、台湾好き、野球好きにはぜひ見ていただきたい。

ほな!

f:id:sato4reiji:20150922215831j:image