国内から海外まで旅行好き@いしぶろぐ

旅好きのブログ。日常やら、身近な情報やら、旅先情報やら、いろいろアップしていきます。

【台湾】台北から平渓線沿線への行き方

  • はじめに

台北駅から、台湾3大ローカル線の一つ、十分(シーフェン)・平渓(ピンシー)・菁桐(チントン)など魅力満点の町がある、平渓線沿線へのアクセスや行き方について、ご紹介します。

f:id:sato4reiji:20150713174237j:image

台北

  • 平渓線の概要

平渓線は、路線的には三貂嶺(サンディァォリン)から菁桐を結んでいるものの、実際の運行は宜蘭線(東部幹線)の 猴硐(ホウトン)、瑞芳(ルイファン)方面 まで直通し、早朝夜間は七堵(チードゥー)、八堵(パードゥー)まで、日中時間は深澳線の海科館(ハイケカン)まで直通しています。そのため、台北から平渓線へ乗り換える場合は、三貂嶺乗り換えではなく、瑞芳乗り換えが基本となるでしょう。そもそも自強号自体が三貂嶺に停まりません。ちなみに、瑞芳は九份の最寄駅です。八堵から蘇澳までは正確には宜蘭線というんですね。まあ、ここはざっくり東部幹線でいいと思います。

※縦貫線(西部幹線)は、八堵から基隆方面に枝分かれします。そのため、瑞芳に向かう際は、基隆行に乗っても、八堵から別方向に行ってしまうので注意!

  • 瑞芳方面に行く、自強号乗車の際の注意点

ここで注意なのですが、瑞芳駅は自強号は停車するものが多いものの、日本製の太魯閣自強号、普悠瑪自強号は大半の列車が通過します。てか、停車する列車ほとんどないんじゃないかな?

f:id:sato4reiji:20150713173615j:image

台北駅停車中の普悠瑪号(プユマ)

f:id:sato4reiji:20150713173729j:image

こちらは太魯閣号(タロコ)※引用

あと、自強号によっては七堵、八堵に停車するかしないか異なりますのでご注意ください。

そういう面も含めて、仮に早朝や夜間に平渓線で七堵や八堵始発や七堵、八堵行があっても、瑞芳で乗り換えるのをオススメします。

f:id:sato4reiji:20150713153753j:image

台北駅の停車駅案内です。おそらくこれを基本としてるはず。ただ、行きの自強号は汐止停まらなかったので、停車駅は列車により違うかも。

f:id:sato4reiji:20150713153805j:image

台北駅の停車位置案内です。列車により、停車位置が違います。

  • 平渓線一日乗車券

f:id:sato4reiji:20150713154043j:image

平渓線の一日乗車券は、台北駅でも購入できます。ただ、利用できる区間が瑞芳から菁桐と瑞芳から海科館のため、台北から瑞芳間は別途切符が必要となります。

僕の場合は、親切な駅員さんで、平渓線の一日乗車券が欲しいと申し出たところ、瑞芳での乗り換えがちょうどいい時間になる自強号の切符も一緒に取ってくれました。おかげで多くの場所を回ることができました。本当にありがとうございました。謝謝。

自強号で台北から瑞芳までは40分くらいで着きます。

f:id:sato4reiji:20150713174542j:image

個人的にルイファンっていう響きが好きです笑

f:id:sato4reiji:20150713174619j:image

平渓線の区間車

f:id:sato4reiji:20150713174717j:image

瑞芳駅に平渓線と日本の江ノ電の姉妹協定のポスターが貼ってありました。以前は(今も?)、平渓線の1日乗車券を持って江ノ電の駅に行けば、江ノ電の1日乗車券を貰えたそうです。(逆も同じ)ちなみに、以前紹介した集集線と千葉県のいすみ鉄道も姉妹協定を結んでいます。こちらも1日乗車券同士交換できるのかな?どなたか教えてください!

最近、台湾国鉄京急や西武とも姉妹協定を結びましたね!このような交流が世界中に増えることを願います!

f:id:sato4reiji:20150713174600j:image

朝の瑞芳駅。朝はすごい空いてました。静かな駅です。行商と思われる方が数人列車を待ってました。

 

てなわけで今回はここまで!

ほな!