読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内から海外まで旅行好き@いしぶろぐ

旅好きのブログ。日常やら、旅先情報やら、いろいろアップしていきます。

【台湾】台湾を格安で一週間一人旅をする②

こんにちは!前回の記事↓↓↓

 

sato4reiji.hatenablog.com

 が途中でしたので、続きをどんどん書いていきたいと思います。

  • 航空会社を決める。

台湾には、日本の航空会社(JALANAなど)、台湾の航空会社(チャイナエアラインエバー航空)をはじめ、様々な航空会社が乗り入れています。

台北には日本の羽田空港的存在の松山空港、成田空港的存在の桃園国際空港があります。

羽田空港的存在、成田空港的存在と表現したように、

松山空港は、台北市街地に非常に近いです。その反面、LCCなどになると発着がない可能性があります。(あんま調べなかったけど)

桃園空港は、成田空港的存在と表現したように、台北市にはございません。市街地から、車で45分~1時間弱ほど離れた場所にあります。その反面、台湾で一番大きな空港で、発着する飛行機も多いです。

 

今回は割愛しますが、日本から発着する飛行機で、台湾南部の高雄高雄小港空港発着の便もあるみたいです。

 

今回、格安で旅行したい=LCCみたいな方程式があったので、どの航空会社を使おうか、、、 ということを考えていた所、友人から「そういや、スクートも乗り入れてるよね。」という一言から決定しました。安いし。

 

で、スクートって何よ?どこの航空会社よ?って方のために

 このスクート航空っていうのは、シンガポールの航空会社(LCC)で、シンガポールを起点に様々な国の都市に乗り入れをしています。

www.flyscoot.com

ん?シンガポール起点なら、台北と東京関係なくネ?

と思ったあなた、、!

 

驚くなかれ、このスクート

 東京を出ると、一旦台北を経由し、シンガポールに向かうのだ!!!!!

まあつまり、シンガポールに行かないにしても、台北で降りることが可能ってわけ。

行先表示板を見たらわかりやすいかもしれない。

f:id:sato4reiji:20150629161844j:plain

はい、こんな感じです。

 

気になるお値段なんですが、往復で3万もしなかったと思います。

2万5千とか、そんくらい。時期によって異なるので要確認です。

 

ただ、このスクートで台北を往復しようとした場合大きなデメリットがあります。

それは、帰りの台北発が早朝になってしまうということ。

成田発は11時と丁度いい時間なんですが、台北発がなんと朝の6時40分。

 

そして、先ほどから台北台北と申しておりますが、このスクートが使っている空港は松山空港ではなく、桃園国際空港なので移動に時間がかかります。早朝かつ、チェックイン云々を考えると、自然に空港泊が有力になってしまうのかなという感じです。(中には朝空港に向かって間に合ったという方もいます。)

桃園空港自体、空港泊はしやすいと思います。コンセントあるし、コンビニあるし、ベンチも広いし、てか結構泊まってる人いました。謎の結束力が生まれます。(多分)

なお、早朝なので免税店はやってませんでした。両替もやってなかったかな。

その代り、ほぼチェックイン開始(夜中の4時くらい)とともに荷物を預け、出国ゲートに向かったので出国審査がめちゃくちゃ早かったです。いつもあんな並ぶのが嘘みたい。全行程で10分かからなかったと思います。

 

気になる飛行機ですが、基本的にサービスをつけるなら有料になります。ご飯も有料、水も有料。

で、シートはスタンダードだと狭く感じました。180cm男性の場合

その他、スーパーシート、ストレッチシートが空港で料金を払えば使用できます。ただ、ストレッチシートだと、前が壁な分、広々としてていいのですが、テーブルがなく、必然的に荷物は上の収納棚にしまわなくてはいけないので、スーパーシートで充分かなあ、とも思いました。まあ、お好みですね。

 

とまあ、今回も長くなってしまったのでここまで!いつから本題にはいれるのか!?

 

ほな!